menu-mob.png

我々のテクノロジー: STEP Platform

STEPは、マルチドメイン・マスターデータ管理プラットフォームです。貴社内の様々なシステムと連携して、製品、顧客、サプライヤー、従業員、資産、ロケーション、複数のソースやフォーマットからなる参照データを集約、統合することでビジネスプロセスを合理化。最新で正確なデータをオンライン/オフライン・チャネルやバックエンド・システムに配信します。

このエンタープライズ向けプラットフォームには、将来に対する予測に基づいてコストを劇的に下げることが可能な、共通した機能セットが用意されています。それにより市場投入スピードを早めることが可能になります。

 

step-thumb6.png

データ品質

  • データのクレンジングやプロファイリングに高度なプロセスを提供
  • 言語やデータ構造、複製レベル、欠落やエラー等に関係なく、複雑なデータ・ボリュームの重複排除処理
  • データを保護、プロファイリング、マッチング、クレンジング、ステージング

データガバナンス

  • すべてのドメインで正確かつ信頼性の高いマスターデータを構築
  • 変更履歴をトラッキングする監査証跡およびバージョン管理を使用
  • ワークフローやビジネスルールと統合された承認プロセスを提供
step-thumb1.png
step-thumb12.png

データ監査

  • 多くのユーザーが入力した、異なるソースからなるデータに価値をもたらし、検証、承認
  • システム設定やデータガバナンス、システムモニタリングを含め、ITサポートは不要であり、ビジネス・ユーザーが直接STEPの管理が可能

エンタープライズ・情報モデリング

  • 迅速に複雑のドメインのデータモデルを設定
  • 異なるデータモデル間でデータを正規化
  • プログラミング不要、システムのダウンさせずにデータを更新
  • 複数のソースやフォーマットからのデータを統合
  • オブジェクトや参照型、属性、ワークフローにメタデータを設定
step-thumb8.png
step-thumb9.png

ビジネス・プロセス管理

  • コンテンツ作成、メンテナンス、承認とパブリッシングのためのビジネスプロセスを構築
  • ベストプラクティスのワークフローをロールおよび権限にマッピング
  • 簡単に外部システムと連携
  • 異なるユースケースごとにビジネスルールを適用し、共有
  • ルールを一元管理することで、一度の変更処理でそのルールを使用するすべてに適用

データメンテナンス

  • 高度なツールセットと直感的なユーザーインターフェイスを使用して情報を取得、管理し、バックエンドシステムやオンライン/オフライン・チャネルに配信
  • 階層構造、検証、承認、バージョン管理を含む各マスター・レコードのあらゆる側面を管理し、そのマスターデータに属性情報、説明、ドキュメント、その他の関連データを付与して補強
  • 各データドメインのマスターデータ間の関連性を抽出し、作成
step-thumb4.png
step-thumb5.png

マッチング&リンキング

  • 複数のレコードをマッチング&リンキング
  • アウト・オブ・ボックス機能で重複したオブジェクトを特定
  • 他のエンタプライズ・システムとのスーパーバイザーシップ・ルールとメッセージを使用してゴールデンレコードを構成

データエンリッチメント

  • 取引先やデータプール、信用機関、 GISプロバイダ、デジタルエージェンシー等からの第三者データを元にマスターデータを強化
step-thumb7.png
step-thumb15.png

データシンジケーション

  • あらゆるレンジの高度なデータ配信と同期ツールを提供
  • ひとつのWorldSyncおよびその他のGDSNデータプールからデータを受信するプロセスの自動化
  • 新しい業界標準の導入が必要なときは、電子カタログを作成、配信し、さらにレガシー・データ規格をサポート

デジタル資産管理

  • 製品やサービス、ロケーション等の様々なタイプの情報が直接参照する企業全体をまたぐすべてのデジタル資産をひとつの共有リポジトリで管理
  • マスターデータやデジタル資産をひとつのシステム上で同期、サポート
  • オンライン/オフライン・チャンネルに承認済みコンテンツと関連資産を配信
step-thumb14.png

パフォーマンス最適化

何億とあるデータに対する検索処理や複雑なオペレーションの結果をただ待っているのは、単に時間の無駄だけではなく、コストもそれだけ掛かります。これまでのハードディスクのデータベースでは満足のいく結果を得ることは難しいでしょう。インメモリー・データベースであればパフォーマンスを劇的にアップさせることが可能です。貴社のMDMシステムにインメモリー・データベースを利用することで以下のことが可能になります:  

  • オブジェクト・タイプ、階層、IDの検索処理の高速化
  • ワークフローやオブジェクトの承認処理、UIの表示、複雑なデータ・モデルに対するオペレーションの高速化
  • データ一括インポートなど、大量書き込み処理の高速化
performance_optimization.png

A quick video intro to STEP

 
advance_gray.png
best_gray.png
ferguson_gray.png
delta_gray.png
eppendorf_gray.png
napa_gray.png
rossmann_gray.png
target_gray.png
manutan_gray.png
sodimac_gray.png